同人活動のお悩み

同人誌の値段ってどうやって決めたらいいの

 

ぴょん子
ぴょん子
同人誌の値段ってどうやって決めればいいんだろう。

同人誌の値段、意外と悩みますよね。
今回はそんなぴょん子ちゃんの疑問に答えます。

同人誌の値段のつけ方

ぴょん子
ぴょん子
はたして私の本に値段をつける価値があるのだろうか……
ニャン吉
ニャン吉
せめて印刷代は頂こうよ

ぴょん子ちゃんの気持ちは分からなくもないですが、頑張って作った同人誌、自信を持ってくださいね。

基本的な考え方として
「印刷代金÷印刷部数=1冊あたりの原価」です。

原価で決める

例えば
24Pの同人誌を30部印刷して、7199円かかったとします。
(※オレンジ工房さんのホワイトセットの価格を参考にしています)

7199円÷30部=240円

1冊240円で印刷しているので、それをそのまま同人誌の値段にします。

ぴょん子
ぴょん子
でも240円ってキリよくないよね?
ニャン吉
ニャン吉
サークル側はおつりが必要だし、買う側も小銭の用意が大変だ!

そうなんです。
イベントは1分1秒が勝負!
お目当てのサークルスペースを回るので忙しい!
スムーズにやり取りが出来る値段が好ましいです。

なのでこの例の場合は「300円」で決まりです。

ニャン吉
ニャン吉
でもちょっと待って!
この考え方だと部数が多い人ほど原価が安いから値段が安くなっちゃうよ?

そうです。ニャン吉くんの言う通り、この考え方ではたくさん印刷する人ほど1冊あたりの原価が安くなり、1冊の値段が安くなってしまいますね。

さきほど30部で7199円の印刷代金の例を出しましたが、同じセットで印刷部数を100部にすると、17000円でした。

17000÷100=170円
原価170円、キリのいい値段にすると「200円」ですね。

ニャン吉
ニャン吉
同じサイズとページ数なのに100円も違うのかぁ
ぴょん子
ぴょん子
なんだかなぁ

原価を下げたいから部数を増やすと言う考え方もありますが、在庫を抱えたくない方は止めましょう。

 

相場価格で決める

相場とは

世間一般の通念や評価。だいたい妥当とされる金額や方法。 「世間の-に合わせる」
コトバンクより

簡単に言うと「このページ数ならだいたいこれくらいだよね」という考え方です。

ジャンルによって相場価格も変わるので「これだ!」と言うはっきりとした値段がおこたえできません。ごめんなさい。
でも、相場は調べられます。

おしながきをチェック

みなさんはイベント前にピクシブやツイッターで新刊情報やおしながきをチェックしませんか?そこにはお値段がかかれていますよね?それをチェックしましょう!

ピクシブで自分のジャンルのおしながきを検索して、自分と同じサイズとページ数の本の値段を調べてみましょう。相場価格が分かると思いますよ。

原価方式と相場方式

ぴょん子
ぴょん子
結局、どうやって決めたらいいの?

私がいつも使う計算式があります。

ページ数×10=値段

24Pの本なら300円
48Pの本なら500円

と、上記の計算式で出てきた数字を基準にして、相場価格に合うよう設定しています。
この式だけだと50Pを超えると合わなくなってきてしまうので、相場価格を考えるようにしています。

どうやって決めるの?の答えは「感覚で」という事になってしまうのですが、同人活動を続けていく内に慣れ、すんなり決められるようになります。

考え方のひとつとして、同人誌の値段設定に悩んだら上記の計算式を使って設定してみてください。

ニャン吉
ニャン吉
慣れるよ!

まとめ

正直な事を言いましょう。
私、イベントで値段なんて見ていません。
(多分みなさんそうだと思うのですが……)
そこに欲しい同人誌があるから買わせて頂くんです!

ぴょん子
ぴょん子
お金は推しカプ同人誌が貰える交換チケット

安いから買うなんて事は絶対ありませんし、逆に高いから買わないなんて事もないです。

同人誌は同人イベントでしか手に入らない、情熱の結晶です。
作った人が決めた価格が、適正価格で正解だと思います。

ニャン吉
ニャン吉
あなたが決めた価格が適正価格